ガスライターの処分

ガスライターは喫煙家にとって必需品です。キャンプの火起こし、花火、焚き火などでよく使用する便利な道具です。しかし、使用済みのガスライターの処分に困ったことはないでしょうか?


「ガスライター」、「ターボライター」、「ジェットライター」などの商品をスーパーや量販店でセール品を大量に購入して使いきれずに処分に困っている。

未使用のガスライターを物置や倉庫に保管してしまい。
期限切れサビで腐食したり危険な状態になったら、もう処分するしかありません。
しかし、ガスライターの中身は当然可燃性のガスですので、正しい方法で処分しないと、大きな事故につながることがあります。

ガスライターの処分方法で迷ったことのある方のために、正しい処分方法と処分の際の注意点をお伝えします。不用品回収業者に依頼するメリットも必見です。

目次

ガスライターの処分方法3選

ガスライターを火災や誤った事故などないように、適切な処分について、おもに以下の3つが考えられます。

自治体で処分してもらう

自治体によっては、使用済みのガスライターを家庭ごみとして回収しているところもあります。ただし、自治体によってルールがさまざまで、細かいルールが決められているケースも見られます。

処分する前に、ライターの中身は全部使い切ってしまうことは常識です。捨てる前にガスは全て、中身を排出してください。ガスが充填されて容量がまだ多い時は、ガスを出す際に、シューとしたわずかな音がしているのが気づきます。その点も事前確認が必須でしょう。ガスについては狭いお部屋で排出しないでください。

ガスライターは有害危険ごみです。誤って吸引するとめまい、吐き気、頭痛など人体に悪影響を及ぼして

危険な事故につながる恐れがあるため、ガスライターのガスを排出する際は十分に換気をして。屋外にむけてガスを出したり、大量にある場合は屋外でガスを出し切る必要があります。

ガスライターにまだガスが残っている状態で可燃物の袋に入れて誤ってゴミを出した事例で言うとゴミ収集のパッカー車の中で爆発事故の事例もあります。大変危険ですので爆発事故等未然に防ぐ必要があります。

ガスライターのメーカーや販売店舗で回収してくれる場合も

ガスライター製造しているメーカーによっては、使用済みライターの回収に対応していることがあります。同様に、買ったお店に持っていくと、引き取ってくれる店舗もあるようです。

なお、回収可能なメーカーであっても、自社製品以外はNGという場合がほとんどです。また、回収自体にはお金がかからなくても、送料は自己負担になるケースが多いでしょう。直接の持ち込みでない限り、宅配便などを利用することになります。ガスライターの場合は、送り方にも注意が必要です。その辺も含めて、確認が必須となるでしょう。

不用品回収業者に依頼する

自治体、メーカーや店舗でも回収が難しい場合、不用品回収業者なら、ガスライターでも可燃性の火器類でも回収してくれるところはあるはずです。費用はかかるものの、多くの業者でガスライターも回収しています。

ただし、ガスライターの扱いについて、しっかり理解している業者に任せなければなりません。ちゃんとした業者なら、未使用品や使いかけのガスライターでも回収してくれるでしょう。

【関連記事】

ガスライターの回収、プロパンガス、ガススプレー缶、ガスコンロなどの不用品回収業者

不用品回収業者のメリット

ガスライターを処分する際に、不用品回収業者に依頼するメリットは?

日時指定が可能

不用品回収業者に依頼する一番のメリットは、ライターを処分したいと思った時に、自宅まで来てもらえます。

自治体の場合、勝手にいつでも処分できるわけではありません。日時の指定の制限があります。各行政のルールに従い決められた時間や曜日に決められた指定された場所に正しい内容で処分しないと回収自体してもらえないケースもあります。また、大量にある場合は対応してもらえないでしょう。すぐに回収はなかなかできず融通がきかない、その点、不用品回収業者なら、すぐに対応できるわけです。

ガスライター以外の火器、危険物も回収できる業者もあります。

不用品回収業者と言うぐらいですから、回収可能なものはガスライターだけではありません。ガスコンロ、塗料、ラッカー、缶スプレーなどまとめて引き取ってもらえます。

たとえば、ガスライターを捨てたい時には、物置の中の灯油缶、余った灯油、廃油など、どこに処分していいかわからないような処分困難なものを捨てたいケースもあるはずです。不用品回収業者であれば、まとめて処分できます。家庭ごみのように、部品ごとに分別する必要もありません。

不用品回収業者にガスライターの回収を依頼のポイント!

不用品回収業者であっても、無条件で回収できるわけではありません。ガスライターの回収を依頼する際は、次の注意点がいくつか、あります。

一本のみでは回収できない可能性

たとえば「ガスライターが1点の場合」など、ある程度まとまった量でないと回収しに来てくれない。業者もあります。

そもそもガスライター1本から回収可能な業者だとしても、そのためだけに自宅まで来てもらうのは、コスト的におすすめできません。

ガスが残っているかの確認

使いかけのガスライターでも回収してもらえる場合には、それを明示しなければなりません。中身の残っているライターを使用済みとして扱うと、事故などの危険なトラブルにつながることがあります。処分したいガスライターがある場合は、必ず中身の有無を確認しましょう。

ガスライター処分に出す際の注意点

大量にガスライターを処分する際はプラスチックのケースや、見えやすい缶などにいれて出してください

ガスライターを処分でゴミに出す時は紙袋に入れて見えないような状態で出したり

黒いゴミ袋等のような見えにくい袋に入れて出すのはお勧めしません。

火器類のお取り扱いについては不用品回収業者さんに出す場合でも充分に気をつけて出すようにしてください。引火の危険があるお品については最新の注意が必要です。

ガスライターの処分に迷った時は不用品回収業者に依頼するのがおすすめ

ガスライターの処分方法として、「自治体に家庭ごみとして回収してもらう」「メーカーや販売店に送料負担で回収してもらう」「料金を払って不用品回収業者に回収してもらう」の3つを詳しく見てきました。

少量で急がないのなら、自治体に回収してもらえばよいでしょう。大量にある場合、急ぎで処分したい場合、中身が残っているものがある場合は、不用品回収業者がおすすめです。回収料金は必要ですが、都合の良い日時に自宅まで回収に来てくれるメリットは大きいと言えます。

片付けマルシェでは、不用品回収業者として業界最安値の料金を掲げ、さまざまなものを回収しています。ガスライターの回収についてもお気軽にご相談ください。

全国グループ展開の不用品回収業者として皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収粗大ゴミ回収業者なら片付けマルシェ
宮城県仙台市の不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる